稚内グリーンファクトリーのコントラクター事業のご紹介

p1.jpg(47010 byte)   自走モアコンによる刈取り作業


一度に幅9.7m、1時間当たり15ヘクター
ルの刈取り能力を持っています。
刈取られた牧草は中央一本に集草されて
収穫に備えます。
  自走ハーベスターによる牧草収穫作業


モアコンによって集草された牧草を細かく刻み、伴走するダンプもしくはテッピングに積み込みます。
積み込みの際に添加剤を収穫した牧草に混入させます。
 テッピングによるダンプ積み込み作業


ダンプで伴走できない地盤のやわらかい畑などでは、一度テッピングに積み込んでから再度ダンプに積み込みを行います。
  重機による牧草鎮圧作業 


集められた牧草は重機によって鎮圧します。
しっかりと踏みつけることによって品質の良いサイレージを作ることができます。
  ラッピング作業


最後にラップを被せて発酵をさせます。
ラップの上にさらに土やタイヤなど被せ密閉度を高めます。


ラッピング風景

細断型ラップサイレージ

販売価格 7,000円(消費税別)
(現 地 渡 し 価 格)

稚内珪藻土について

その他の情報

このページのトップへ